Sample Pack

     

Sample Instruments

     

Sound Theory


基本用語
  • DAW:音声素材やMIDI(演奏データ)を編集するソフト
  • Live:Ableton社が開発するDAWの1種。こちらでの解説はLiveを利用します


Simplerを使用したサンプルの利用
  1. Cmd+FでSimplerを検索しダブルクリック
  2. Simplerにサンプルをドラックアンドドロップ
  3. 右端で3つのモードを切り替えますループ素材などはSliceモード,ドラム単発の素材はClassicモードがおすすめです
  4. ClassicモードではC3の音程を中心に音程の違うものが割り当てられます


DrumRackを使用したサンプルの利用

ドラムなどを個別に調整を行う場合DrumRackであれば可能です。

  1. Cmd+FでDrumRackを検索しダブルクリック
  2. C1など音程の表記がある場所へドラックアンドドロップ
  3. 表記の音程にサンプルが割り当てられます
  4. その後Simplerと同じ操作で個別に調整可能です


直接波形を編集する

アレンジビューに直接波形を貼り編集することも可能です

  1. アレンジビューに切り替え(tabキー)
  2. オーディオトラックに波形をドラックします
  3. 波形をダブルクリックで音程の調整・波形の反転などの変更が可能です
    またアレンジビューで波形の端を選択しフェードの編集も可能です


サンプルの加工におすすめエフェクト
  • Sarurator:音に軽い歪みを与え倍音を付加するエフェクト
  • Redux/Erosion:クラシックなサンプラーのざらつきを加えるエフェクト
  • DrumBuss:ドラムの全体的な処理が可能です
  • AutoFiler:クラシックなハードウェアの歪みが得られます
     

About

サイトについて

音声素材の利用に関しては無料で個人・商用問わず利用していただけます。
素材の2次配布は不可とさせていただきます。


動作環境

サンプルパックの形式はwavファイル(通常の音声データ)のためLogicやガレージバンド,Ableton Live,Cubaseなどソフトウェア関係なく利用可能です。
Sample Instrumentのコンテンツを利用するにはAbletonLiveもしくはLogicが必要となるのでご注意ください。

定額サンプル販売サイトSpliceにてAbleton live liteが2020年12月31日まで無償配布(リンク)されているので簡易版ではありますが、試してみたい方にはおすすめです。